【親子で勝負!】トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキットが最高に面白い!!

GO!GO! アクセルサーキットが最高に面白い!!

みなさんのお子さんはトミカ好きですか?

ウチの3歳男児は大大大好きです!!!

毎日トミカで遊んでいますし、買い物に行けばトミカ買ってトミカ買ってと言われています。

しゅーたろう
しゅーたろう

安価なのでついつい買ってあげてしまうんですよね(汗)

さて、先日我が家で購入したのが「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」です。

ボタンを連打することでコースにトミカを走らせ1対1の勝負ができるのですが、これがとても面白い!!

大人対子どもでも、真剣勝負で白熱したバトルができるのです!

ということでトミカを持っているご家庭でぜひ楽しんでもらいたい、「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」を紹介します。

「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」とは

トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット

「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」はトミカを走らせて遊ぶことのできるコースです。

インコース1,398mm、アウトコース1,662mmの2レーンオーバルコース。

アクセルボタンを強く押すとフライホイールを使った加速装置が回転するので、その力がトミカを押し出し、高速走行を実現しています。

電池は必要ありません。

「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」に使用できるトミカ

「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」で使えるトミカは加速装置の高さに合っている必要があります。

具体的には、車高が27mm以下、ルーフやウィングの形状がでこぼこしていない、ことです。

スポーツカーのトミカがおすすめですね。

「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」の遊び方

遊び方はいろいろあります。

2人で遊ぶ場合

サーキットが2レーンのオーバルコースなので1周の長さがインコースとアウトコースで異なります。

インコース1,398mm、アウトコース1,662mm

インコース6周とアウトコース5周がほぼ同じ距離になります。

なので、インコース12周・アウトコース10周というように6周と5周の倍数で対決です!

1人で遊ぶ場合

制限時間を決めてその間に何週走行できるかをチャレンジ。

記録更新を目指しましょう!

「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」の魅力

私が思う「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」の魅力は次の点です

  • 年齢に関わらず一緒に遊べて対等に勝負できる
  • 購入したトミカで遊べる

年齢に関わらず一緒に遊べて対等に勝負できる

トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキットの魅力

「GO!GO! アクセルサーキット」の遊び方はとてもシンプル。

アクセルボタンを連打するだけです。

そのためコツさえ覚えてしまえば「子ども」VS「親」でも対等の勝負ができるのです。

ちなみに「GO!GO! アクセルサーキット」で速く走らせるには、ボタンをただ強くすばやく連打すればいいというわけではありません。

トミカがちょうど加速装置を通過するのに合わせて力強く連打して、フライホイールを高速回転させるのがポイントですね。

我が家でこのコツを最初に掴んだのがウチの3歳児でした……。

購入したトミカで遊べる

トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキットの魅力

「GO!GO! アクセルサーキット」は購入したトミカを使って遊べるおもちゃです。

トミカの遊び方って、走らせるまねをしたり、飾ったりだと思うのですが、このサーキットを使うことでさらに遊び方の選択肢を増やすことができます。

しゅーたろう
しゅーたろう

子どもに勝つため「アクセルサーキット」で速いトミカが欲しくなります(笑)

「GO!GO! アクセルサーキット」で速く走らせるためには、できるだけ軽いトミカを選びましょう!

フライホイールの回転力を活かすことができて、スピーディーで迫力のあるレースができます!!

逆に重いトミカは走らせるのにそれなりのパワーが必要になり、ボタンの押し方がうまくないと1周できないこともあります。

現在のところ、私のお気に入りは「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート」、息子のお気に入りは「マクラーレン 720S」です。

「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」で遊ぶ時の注意点

超楽しい「GO!GO! アクセルサーキット」ですが、注意点が1つだけあります。

それはアクセルボタンを連打する時の音が大きいということです。

これはこのサーキットの仕組み上、しかたありません。

どうしてもバンバンアクセルボタンを叩くので大きな音が出てしまいます。

集合住宅の場合は夜に遊ぶのはちょっと控えめにしたほうがいいかもしれません。

【まとめ】「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」が最高に面白い!!

ということで、「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」について紹介してきました。

遊びやゲームなどで親と小さい子どもとが対戦するとなると、手加減しない限りほとんどの場合は親が勝ってしまいます。

でもこの「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」では、真剣勝負をしても子どもが勝つことが普通にありえます。

大人が3歳児とマジメに対戦していい勝負になるゲームなんてほとんどありません!

持っているトミカの中からお気に入りの1台を走らせたり、速く走らせられるトミカを探したりするのも楽しいですね!

親子で白熱のバトルが楽しめる「トミカ スピードウェイ GO!GO! アクセルサーキット」おすすめです!!

コメント