盛岡でおいしいうどんを食べるならここ!「みししっぴ饂飩」

こんにちは。しゅーたろうです。

盛岡といえば三大麺(盛岡冷麺・わんこそば・盛岡じゃじゃ麺)が有名ですが、実は美味しいうどんのお店もあるんです。

そこで今回は私が盛岡で一番好きな、ちょっと変わった名前のうどん屋さんを紹介します。

みししっぴ饂飩

お店について

2012年にオープンしたこのお店。

まず気になるのがこのちょっとというか、かなり変わったその名前。なぜ「みししっぴ」?その由来は色々あるらしいのですが、お店の方に聞いたところ、「ミシシッピ川は長い→長いので縁起が良い→長い麺のうどんを作ろう!」ということで、この名前になったということにしているそうです。

店内の雰囲気

この「みししっぴ饂飩」の店内に入ると、おしゃれな内装にカラフルなクッションなどがあって、まるでカフェのような雰囲気です。

お店の方もとても気さくで、若い人からお年寄りまでどんな人でも入りやすい雰囲気ですね。

うどんについて

店主は讃岐うどんの本場香川や大阪などで修行してきたということで、食べられるうどんは本格派。

小麦や出汁などは岩手県産を始めとした国産素材から厳選して、素材本来の味を楽しめるうどんを提供していて、「打ちたて」「切りたて」「ゆでたて」「揚げたて」の「四たて」を大事にしているそうです。

メニューはかけうどんうやぶっかけうどんなど定番のものから季節限定のものまでバラエティーに富んでいます。

烏賊下足と舞茸天のおうどん

色々あるメニューの中でも私のおすすめはぶっかけうどんの「烏賊下足と舞茸天のおうどん」です。

まず目を引くのが器からはみ出すほどの大きな天ぷら!

イカは青森産でその旨味を天ぷらの中に凝縮されています。

舞茸は無農薬で手作りされている「安比まいたけ」を使っていて、香り豊かで味が濃いのが特徴です。

ぶっかけうどんなので、まずは出汁を少しずつ麺にかけながら大根おろしや、しょうがと混ぜていただきます。

出汁との絡ませ方で味わいの深さが変わるのがぶっかけうどんの醍醐味ですよね!

この出汁は北海道道南産の真折昆布や瀬戸内産のいりこ、鹿児島県枕崎産のかつお節、熊本県牛深産のうるめ節やさば節をブレンドした店独自のこだわりの味です。

そして麺。前述の通り、麺は岩手県産の小麦をはじめ、国産小麦をブレンドして作っている自家製麺です。

これがもちもちでツルツル!粘り強くしっかりしていてのどごし最高です。

そして店名の由来の通り麺の長さが一般的なうどんよりも長い!だからといって食べにくさを感じさせない絶妙な塩梅。うーん、食べごたえもバツグンです!

まとめ

お店の雰囲気がよく、もちろんうどんもおいしい「みししっぴ饂飩」

今回紹介したぶっかけうどん「烏賊下足と舞茸天のおうどん」のほかにも、すだちの輪切りが一面に敷き詰められたうどんや、カマンベールちくわの天ぷらがのったものなど様々なメニューがあります。

とても人気なのでちょっと早めにお店に行くことをおすすめします。

店内には絵本があったり取り分け用のお椀を用意してくれたりと、小さな子供連れの方にも優しいお店です。

盛岡で美味しいうどんを食べたいと思った際には是非「みししっぴ饂飩」を訪れてみてください。

みししっぴ饂飩

住所:岩手県盛岡市月が丘3-30-8

電話:019-646-2645

営業時間:11:00~15:00(麺がなくなり次第終了)

定休日:月曜日

コメント