一戸建てを新築した理由と実際に生活した感想

一戸建てを新築した理由と住んだ感想

住宅を「賃貸」か「持ち家」どちらにするか、そして「一戸建て」と「マンション」どちらがいいかはよく比較されますよね。

金銭面だけを考えるなら賃貸マンションがいいとか?

我が家では2019年8月に一戸建てを新築しました。

もちろん、賃貸の方がいいのではないか、マンションの方が便利なのではということも検討して、その上で持ち家を選択しました。

結論としては、一戸建て最高です!!現在の生活にとても満足していますし、快適に暮らしています!

そこで我が家で一戸建てを新築した理由と、実際にこれまで住んでみた感想を紹介します。

そして、新築一戸建てを検討している方には、無料で間取りや見積もりを一括請求できる【タウンライフ家づくりがおすすめです。ぜひお試しください!

一戸建てを新築した理由

まずは一戸建てを新築した理由です。

  • 子育てしやすい環境
  • アパートの家賃が高かった
  • 光熱費が高かった
  • 消費税率のアップと年齢的な問題
  • 老後のことを考えた

これらが一戸建てを新築した理由です。

それではひとつひとつ説明していきます。

子育てしやすい環境

住宅と子育て

これが一番大きな理由ですね。

私と妻の2人だけだったら賃貸アパートでもいいかと思ってました。
でも2016年に子どもが生まれたあと、1歳になってちょっとだけ子どもがいる生活に慣れてきた頃に、ずっと賃貸アパートでいいのだろうかと思うようになりました。

集合住宅に住んでいると、どうしても子供の泣き声や遊んでいる音が隣近所に迷惑なのではと気になってしょうがありません。

小さい子どもが泣くのは当たり前ですし、できるだけのびのび遊んでもらいたいものです。

ということで、アパートやマンションなどの集合住宅より一戸建てに住みたいと急激に思うようになりました。

また、賃貸での生活となれば、新築で入居したとしても10年ほどで引っ越しを考えると思います。
ということは子ども小学校に入ってからの引っ越しだと転校の可能性も大いにあります。
友達と離れることになるのはかわいそうですし、引っ越しの作業や手続きが面倒だというのももちろんあります。

そこで少なくとも子どもが大きくなるまでの家を建てようと思うようになりました。

アパートの家賃が高かった

新居に引っ越す前は、家賃が月76,000円の賃貸アパートに住んでいました。
1年間だと912,000円支払うことになります。10年間で9,120,000円。そして30年間で27,360,000円です。

というようなことをふと考えた時に、「もしかして今支払っている家賃で、家を建てられるんじゃない?」って思ってしまったのです。

結果、以前の家賃よりも月々の住宅ローン返済額は高くなってしまったのですが…。

アパートの家賃が高かった

光熱費が高かった

以前住んでいたアパートの、1年間の電気代とプロパンガス代の合計を平均すると月26,000円ほどでした。

当時、いろいろ調べた結果、最近の家はオール電化で断熱性能がよく、アパートに住んでいたときの光熱費よりも安くあがりそうだということがわかりました。

そこで、いつまでも賃貸アパートで暮らすよりも家を建てた方が余裕のある生活ができるのでは、と考えました。

光熱費が高かった

消費税率のアップと年齢的な問題

2019年10月に消費税率が現在の8%から10%に引き上げられました。

住宅の引き渡しが2019年9月30日までに完了する、または、注文住宅の請負契約が2019年3月31日までに完了していれば、引き渡し時期に関わらず消費税は8%で家を建てられることを知りました。

○千万単位の買い物なので、もちろん消費税もかなりの金額になります。

また、私が40代前半なので、住宅ローンの支払いを考えると年齢的にほぼタイムリミットでした。

これらも一戸建て新築の大きなきっかけとなりました。

老後のことを考えた

自分の家を建てたり買ったりしなければ、いつまでも賃貸で生活していかなければなりません(実家に帰ったりしなければ)。

賃貸住宅での生活を続けていくとなると、80歳になっても90歳になっても(生きているかわかりませんが)家賃を支払い続けなければなりません。

また、高齢になってからも引っ越しせざるを得ないかもしれないとなるとちょっと大変そうです。

新築一戸建てに住んでよかったこと

ということでここからは、2019年8月から実際に新築一戸建てに住んでみてよかったことです。

一戸建てに住んで良かったこと

隣近所に音を気にしなくていい

一番はやっぱり、日中はもちろん、夜でも音をほとんど気にしなくていいってことです。

子どもが小さいと、どうしても泣き声や遊んでいる音などがお隣さんに迷惑をかけているのではと心配になりますが、今は全く気にしておりません。

うちの子は現在3歳ですが、夜寝る寸前まで走り回ったりしてるので、アパートだったら絶対にお隣さんや上の階に住んでいる家族に迷惑をかけていたと思います。

この、「音を気にしなくていい」ってことだけでも、一戸建てに住んで本当に良かったと感じます。

周りの音が気にならない

これは先ほどの逆です。

こちらの音が聞こえるのが心配ということは周囲の音が聞こえてくるということで、やはりアパート時代は隣近所の音がちょっと気になりました。

アパートの1階に住んでいましたが2階に住んでいる家族の声や足音が聞こえてましたからね。

一戸建てなのでお隣と距離があるのに加えて2階リビングなので近所の音は殆ど気になりません。
たまに物音が聞こえてくることがありますが、アパート時代の比ではありませんね。

もちろんこれは現時点で私が住んでいる地域に恵まれているからであって、住む環境によって条件は異なりますが。

アパートに比べて広い

私たちが住んでいたのは2LDKで、アパートにしてはLDKも広く、子どもが1人いる3人家族が住む分には問題ない広さでした。

それでも今、新居で暮らしているとアパートはとても狭かったと感じてしまいます。

LDKを広めにに設計してもらったので、子どもをのびのびと遊ばせることができています。

しっかりと片付けられていればちょっと殺風景な感じもするリビングですが、子どもがおもちゃであっという間に散らかしてしまうので、以前のアパートに住み続けていたらどれだけ物が散乱していたか…。

一戸建てに比べて広いリビング

アパートに比べて暖かい

私は東北でも冬の寒さが厳しい地域に住んでいるので、一戸建てを新築する際に住宅が暖かいかどうかを重視して、高断熱高気密の家を建てられるハウスメーカーを選びました。

なんといってもアパートに住んでいた時の暖房は、LDKに備え付けのエアコンと冬はホットカーペット、あとは寝室のオイルヒーターのみ。

そのため冬の廊下やお風呂の脱衣所などは寒くて暖かい部屋から出るのが嫌でした。

それが今の家では全く冬に寒くありません。

もちろん、しっかりと暖房をしているからなのですが、それも1階と2階にそれぞれ1台ずつあるエアコンを22℃〜24℃くらいに設定して24時間運転にしているだけです。

24時間運転というと電気代がかかりそうですが、実際はアパート時代より安くなっています。

ウチは、業界トップレベルの“超気密”をうたっている一条工務店よりも気密性が高い数値が出ていますし(C値0.35)、基礎断熱でさらに内外W断熱です。そのため一度、家全体が温まればあとはエアコンがそれほど頑張らなくても済むらしいのです。

光熱費は、冬季がアパート時代と同程度、春夏秋は太陽光発電も設置したこともあってずっと安くなっています。

一戸建てに住んでいて大変なこと

一戸建てに住んで大変だと感じたことももちろんあります。

庭の管理が大変

いわゆる「草取り」が本当に終わりません。毎週、休みの日には雑草を引っこ抜いてます。

我が家は運がよく広い土地を比較的安価で購入することができたのですが、土地が広い分、草が色々なところにどんどん生えてきます。

道端に咲いている分にはかわいく見えるタンポポも、庭に大量に生えていると雑草にしか見えなくなってしまいます。

これはたぶん、元の土地がしばらく人が住んでおらず、ちょっとしたジャングルのようなところだったことも関係あるんでしょうね…。
しっかりと更地にしたのでここまで雑草が映えるとは思ってもいませんでした(泣)

タンポポも雑草に見える

アパートより広いので掃除が大変

ウチは一戸建てとしては狭い部類の住宅だと思います。

それでも以前住んでいたアパートに比べれば広くなりました。

もちろんその分、掃除しなければならない場所も増えたわけでして、夫婦共働きなのでこれがけっこう大変です。

現在は使っていない部屋も、いつの間にかホコリがあったりするんですよね…。

ルンバを購入したのでなんとかなっていますが、なかったらとても悲惨な状況だったと思います。

【まとめ】一戸建てを新築した理由と実際に住んだ感想

一戸建てを新築して住んだ感想

我が家が一戸建てを新築した理由と、これまで(約9ヶ月)住んでみての感想でした。

今のところは一戸建てを建てて本当に満足しています。

やはり、子どもをのびのび遊ばせることができて、隣近所に気兼ねしなくてもいいというのが一番良かった点です。

その他にも、一戸建てに住んでよかったと思う瞬間がけっこうあります。

庭の管理や掃除などは大変だとは思いますが、だからといって一戸建てに住めることに比べたらデメリットとまでは思えない程度です。

逆に賃貸アパートや、マンションの方が良かったかもと思うことは、まったくといっていいほどありません。

ということで個人的には、「賃貸」か「持ち家」か、「マンション」か「一戸建て」かを迷っている方、特に小さいお子さんを育てている夫婦には、一戸建ての新築をおすすめします。

一戸建てを検討している方におすすめ

さて、今の家での生活にはかなり満足しているのですが、もちろん後悔している点がまったくないというわけではありません。

我が家は2019年8月に一戸建てを新築と説明しましたが、家造りを検討し始めたのは2018年5月、そして契約は2018年8月というスピード契約です。

これは2019年4月に消費税が増税する予定だったのでその前に契約したかったことや、希望する地域で偶然いい土地を購入できたことが理由なのですが、できれば時間をかけてじっくり勉強して、色々なハウスメーカーから話を聞いてみたかったというのが本音です。

そこで、もし今また家を建てられるとなったら利用したいと考えているサービスが、【タウンライフ家づくり】です。

希望を伝えれば専門家の立場からメリット、デメリットを考えた間取りを提案してくれる上に、資金計画や、土地情報も提供してくれます。

このサービスには全国600社以上が登録。間取りプランや見積もりを無料でオンライン一括請求できます。無料なので試してみて損はありません!!

一生に一度の大きな買い物と言っても過言ではない家づくり。

あらゆる手段を使って、すべてに納得した上で家をたてるべきだと思います。

新築一戸建てを検討している方はぜひお試しください!!

コメント